旧借地権法

借地権にはいくつか種類がありますが、それとは別に新旧の借地権法というのがあります。一般的に借地権の契約は、数十年単位と期間が長くなります。借地権の種類によっては、費用が発生しますが更新や延長が可能となるため、借地人が希望する限りは、地主が強制的に追い出す事ができません。旧借地権ではこのようなトラブルが多かったため、新借地権法が施工されました。新借地権法と旧借地権法の違いを比較します。

旧借地権法では、契約時の存続期間が堅固建物の場合30年以上~60年、非堅固建物は20年以上~30年となっていました。ここからさらに契約満了前に更新が可能で、堅固建物は30年以上(当事者で期間を決めない場合は30年)、非堅固建物は20年以上(当事者で期間を決めない場合は20年)の契約更新が可能でした。

建物が滅失した場合は、本来の満了期間または、滅失時から延長(堅固建物30年、非堅固建物20年、更新後も同じ)となっていました。かなり長期間に及ぶため、例えば土地開発の話などで、地主は立ち退いて新しく建物を建てたいと思っても、借地人が出て行きたくないという場合は、60年~90年という長い期間を居座られるというトラブルが増えたのです。

今は契約時には必ず契約書を交わしますが、昔は口約束も多く、当事者の取り決めが内案件も多くかなりアバウトになっています。地主は出て行って欲しい、借地人は立ち退きたくないという意見の食い違いでトラブルは少なくありません。